スポンサーリンク

1日で2公演しちゃうクレイジーバンド?!UVERworld「QUEEN’S PARTY at Nippon Budokan 2018.12.21 / KING’S PARADE at Yokohama Arena 2018.12.21」購入感想レビュー!

UVERworld関連

今回は去年行われた「TAKUYA♾生誕祭」である「QUEEN’S PARTY at Nippon Budokan 2018.12.21 / KING’S PARADE at Yokohama Arena 2018.12.21」の購入レビューをしていこうと思います!

更新しようしようと思ったら購入してから日付が経ってしまいましたが(汗)

QUEEN’S PARTYとKING’S PARADEの2部編成で書いていきます!

ちなみにAppleMusicでも配信されているので、DVDよりも手軽に聴きたいという方は音楽のみのDLをオススメします!

UVERworld KING’S PARADE at Yokohama Arena 2018.12.21→ QUEEN’S PARTY at Nippon Budokan 2018.12.21→

スポンサーリンク

収録内容


まずは豪華な収録内容をご紹介!

  • 1枚目 日本武道館で行われた女祭り「QUEEN’S PARTY at Nippon Budokan」 
  • 2枚目 横浜アリーナで行われた男祭り「KING’S PARADE at Yokohama Arena」
  • 3枚目 UVERworld 2018.12.21 Complete Package

僕が購入した物は完全生産限定盤だったので、他にも当日に密着したドキュメント写真集も封入されていました。

生誕祭のセットリストはその日の主役であるメンバーの披露したい楽曲を誕生日の本人が選びます。
女祭りでは序盤のCHANCE!〜浮世CROSSINGはMCでも言ってるのですが、昔から応援してくれている女子crew(ファンの名称がcrew)に喜んで貰うためにセットリストに組み込んだと言っています。
自分の生誕祭だからこそ来てくれるファンに喜んで欲しいと言う気持ちを感じますね。
男祭りでは打って変わって最新曲を交えつつも男祭りでは欠かせない攻撃的なセットリスト!
しかし、遊び心を忘れないSHOUTLOVEに見せかけたGOLDなどまさに生誕祭ならではのセットリストとなっております。

スポンサーリンク

QUEEN’S PARTYの見所!

「UVERworld QUEEN’S PARTY at Nippon Budokan 2018.12.21」

  • CHANCE!
  • SHMAROCK
  • シャカビーチ~Laka Laka La~
  • 浮世CROSSING
  • 一滴の影響
  • ODD FUTURE
  • GOOD and EVIL
  • 畢生皐月プロローグ
  • UNKNOWN ORCHESTRA
  • 魑魅魍魎マーチ
  • PRAYING RUN
  • 君の好きなうた
  • SHOUT LOVE
  • Massive
  • EDENへ
  • AWAYOKUBA-斬る
  • Don’t Think.Feel
  • I LOVE THE WORLD
  • ナノ・セカンド
  • 零HERE~SE~
  • IMPACT
  • Ø choir
  • 在るべき形

女祭りならでは?限定セットリスト!


これはMCでも触れているんですが、序盤は懐かしい曲が多く今まで自分達を支えてくれた女性crewのことを考えてセットリストに組み込んできたそうです。

そしてやはり生誕祭の主人でもあり、UVERworldのボーカルらしいTAKUYA♾さんの遊び心。
午後から行われる男祭りでは懐かしい曲達がセットリストには入っておりません。笑

こればかりは女祭りの特権と言わざるを得ないでしょう。

男祭りでの攻撃性と女祭りでのお茶目さ


やはりここで紹介したいのはいい意味での「温度差」です。

女祭りは女性crewに感謝を伝えるように優しくもユーモア溢れるライブパフォーマンスに対して、男祭りはその日の2本目のライブとは思えないほどのアグレッシブさや男祭りならではの過激さを感じます。

ある意味で同じバンドのパフォーマンスとは思えないような一種の二面性すらも考えさせられます。

圧倒的ライブパフォーマンス!

そして共通の部分になってしまいますが見所といえばライブパフォーマンスに他なりません。

女祭りでは近年のライブでは恒例になりつつあるcrewをステージにあげて目の前で歌ってあげるパフォーマンスがやはり他のバンドにはないものですよね。

また、カッコ良さを失くさず可愛さも兼ね備えてるのがTAKUYA∞のMCです。笑
魑魅魑魅マーチの演奏前の前振りMCの時も男crewとランをする際のエピソードを話していますが、あの男らしさ全開の彼が「怖いよぉぉ」なんて叫んでる姿はまさにライブ限定とも言えるでしょう。笑

スポンサーリンク

KING’S PARADEの見所!

「UVERworld KING’S PARADE at Yokohama Arena 2018.12.21」

  • Q.E.D.
  • 7th Trigger
  • WE ARE GO
  • Don’t Think.Feel
  • ENOUGH-1
  • ハルジオン
  • ODD FUTURE
  • GOOD and EVIL
  • PLOT
  • NO.1
  • 畢生皐月プロローグ
  • PRAYING RUN
  • ALL ALONE
  • SHOUT LOVE
  • GOLD
  • EDENへ
  • Ø choir
  • Massive
  • CORE PRIDE
  • ナノ・セカンド
  • 零HERE〜SE〜
  • IMPACT
  • 7日目の決意
  • 在るべき形
  • MONDO PIECE

まさに圧倒的!男!男!男の群れ!


やはり男祭り。
女祭りとは比べ物にならないほどの圧倒的無秩序です。

現場からは以上です。笑

無秩序な中で一体感?男祭りの真骨頂!


男祭りの不思議なところがあって、皆それぞれが心をむき出しにして暴れ倒しているのに関わらずどこか一体感があるんですよね。

それはひとえにTAKUYA♾さんがライブで常々口にしている「音楽で一つになる」事の前触れなのかなと思います。

あまり簡単に纏めてはいけないのかもしれないですが、男だからこそ分かり合える部分何だと思います。
是非ともご自身の目で確かめて下さい。

スポンサーリンク

UVERworldの醍醐味!心を鷲掴みにするMC

UVERworldの醍醐味と言えばやはりその「心を鷲掴みにするMC」ですよね。

ワンマンライブに行った者の特権でもあり、フェスなどでも新たなファンを獲得する理由でもあると思います。
その中でも僕個人が心を鷲掴みにされたMCをQUEEN’S PARTYとKING’S PARADEそれぞれから一つづつ抜粋していきます。

QUEEN’S PARTYから「φ choir」


今回のDVDの中のMCでも個人的に特に好きです。

このMCには彼らが20年にも及ぶバンド人生を走り抜けたからこそ伝えられる物だと感じました。
毎日楽しいことなんて起こりません。そんな人生の中でくだらないことやしょうもない事を笑いあえる友人を大切にしたくなります。

一杯じゃなくていいんです。

たった一人でも自分の事を大切にしてくれる友人を探しましょう。

それが自分の人生を豊かにしてくれるはずです。

KING’S PARADEから「ALL ALOME」


このMCはまさに「男祭り」の象徴とでも言えるのではないでしょうか。

本音をぶつけるからこそこちらも本音で返したくなる。
TAKUYA∞さんのバンドを始める前からの思いがここまで続き、そしてそれに影響をうける人たち。

このMCを聞いたらあなたもきっと自分の心に正直にならずにはいられない。

スポンサーリンク

まとめ

みなさんいかがでしたか?

今回は慣れないDVDのレビューという事でうまくかけたかは自信がありませんが、とても素晴らしい内容だったことはお伝えできたのかなと、、、、笑

あまり解説しすぎてもこれを読んでくれる人の興奮を冷ましてしまう気がしたので控えめにさせていただきました。
UVERworldはライブパフォーマンスと熱いMCに定評ですが、映像越しでも会場の熱量や彼らの生き様が刻まれた姿を見れる素晴らしい作品だと思います。

ぜひ購入して自分の目で確かめて見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました